エキストラ出演、写真関係、カメラ機材関係、などなど。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
祭りは続くよ、あともうちょい。
えっと、まずは14日、大坂夏の陣参加のみなさま。
ほんっっっっま、 お疲れ様でした。

翌日のサンスポに、でかでかと記事が出ていました。

P1010595.jpg


本日もTV放送があり、一番前に陣取った私を確認できました。


そうです。
あの延べ5000人の集団の中で、本当に一番前をとることが出来ました。
すごい偶然の重なりがあっての事です。本人もびっくりしています(笑

はるかさんシーンにもからむことができて、
もう大満足。

あの時、みんなは、それぞれどんな体験をしていたのか?
打ち上げ飲み会開催しますので、みなさんいっぱい話を聞かせてくださいね!


スポンサーサイト
page top
さぁ!長丁場
hyoutan.jpg

今からちょっと仮眠とって
大坂夏の陣に出陣します!

いまだかつて経験の無い16時間に及ぶ撮影。
しかも一度立ち位置を決められたら、そこから動けない。
どんな過酷な撮影か、今から楽しみです。

警察による道路封鎖、
TV局の完全密着取材、
きっと記憶に残る撮影になることでしょう。

準備物は、
暑さ対策:扇子、ハンカチ、ひやっとする制汗スプレー、ヒヤッとする汗拭き(デオドラントシート)
疲れ対策:ハンディタイプの折りたたみいす
虫対策:虫除け、虫さされ薬
眠気対策:眠気覚ましガム
暇つぶし:ケータイ、『プリトヨ』小説

こんなもんでしょうか。

あ、ひょうたんも忘れずに。

では、いっしょに参加されるみなさま、がんばりましょう!
page top
コンプリート!!
はるかさんに見つめられて、そして微笑みかけられました!
もー大満足です。
なにも思い残すことはありません。
なにがあったかは上映でお確かめください(笑

素人が、役者と演技でからむことが出来る。
エキストラってすばらしいですね。


後は、スタッフとしてこの作品に関わりたいです。

関西エキストラ祭りの8/14,15
みんなでいっしょに楽しみましょう!

プリンセストヨトミエキストラ募集サイトへのリンクはこちら
 
page top
大阪国民
P1010589.jpg

去年3月からの念願が
ようやく、かなって大阪国民になれました!

これで関西3部作エキストラ出演完全制覇!!

と思いきや。。。

4作目、滋賀編が始まりました(笑
こちらにも大注目しつつ、

次の目標は、はるかさんと絡むこと。
そして、その次はスタッフとしてこの作品に関わること。

8月末まで、大阪が熱いです!
page top
『プリンセス・トヨトミ』ロケ地紹介3 合図発動編
念願の『プリンセス・トヨトミ』映画化が決定しました。
鹿男スタッフが再結集して、綾瀬はるかさんを迎えての撮影です。
あの奈良での熱い日々が思い出されます。
この夏、舞台は大阪に移ります。


さて、ロケ地紹介はいよいよラスト。合図発動編です。



大坂国の危機が迫り、とうとう『はじめの合図』が発せられます。
pt-c01.jpg


JR天王寺駅の歩道橋から見える通天閣も真っ赤に燃え上がります。
てっぺんの天気予報ネオンだけではなく塔全体が。。。
pt-c02.jpg


阪堺電車、住吉駅で降りた加藤は住吉神社の灯籠にひょうたんをそなえます。
pt-c03.jpg


一方、コビックマンには真っ赤に燃え上がる大阪城が映し出されます
pt-c04.jpg


ついでに、辰野建築の中央公会堂も燃え上がる!
pt-c05.jpg





一夜明けた千本松大橋
pt-c06.jpg
<地図>


この渡し船にも無数のひょうたんがぶらさがります
 ※CG処理は面倒だったので省略(笑
pt-c07.jpg


道頓堀かに道楽にもひょうたんが!
pt-c08.jpg


グリコ看板にもひょうたんが!
pt-c09.jpg


辰野建築の浜寺公園駅。
なぜか、女性には運休と告げられ、
男だけを大勢乗せた電車が、向かうは大阪城!
pt-c10.jpg
<地図>




大勢の大坂国民が大阪城に溢れかえり、

そして、ラストステージへ。。。


pt-c11.jpg



大阪の魅力がいっぱいつまったこの作品。
ぜひとも、ひとつもはしょられず、
すべてのロケーションで撮影があってほしいです。


いや、もっともっと大阪の魅力を伝えてほしい。
みなさんだったら、どこを推薦しますか?

page top
祝!映画化!!
原作を初版、筆者サイン付で購入するほど好きで、
読んだとたんに、これは絶対に映像化されると確信して
先行してロケ地マップまで作ってしまった。

それほど好きな作品ですが、

とうとう映画化が正式発表されました!!
『プリンセス・トヨトミ』

ロケ地マップのほうは、発表日からすごいアクセス数になっております。
そこで気付いた。
ロケ地マップの完結編を作るのを忘れていた(笑
いそいで作成したいと思います



で、出演者ですが、、、
今回はなんと、二人も性別が入れ替わっております。
最初、綾瀬はるかさんが鳥居役って見て、これは誤記だろうと
無視していましたが、複数の情報源を見てもみな同じ事を書いていて。。。
ほんまなんですね。
ま、ボケ役なんではるかさんは適任なんですけど。

けど旭が男ってのは納得ならん!!


脚本は歴史ミステリーに焦点をあてて大幅にかえるらしいですから、
もしかしたら真田jrも普通の男の子だったりして。
もしくはかわいい男の子でセーラー服がばっちり似合うとか。




で、エキストラ関連の話。
撮影は7~9月。
大阪の名所をくまなく撮影します。
そしてクライマックス時は大量の男性が必要となります。
3000人くらいか?
とにかく応募したら、確実に当選することでしょう。


あとは、いかに自分が時間をつくれるかにかかっています!


関西3部作、完全制覇に向けて、みなさんがんばりましょう!!

page top
『プリンセス・トヨトミ』映画化?
最近、ひそかに話題になってます。
『プリンセス・トヨトミ』が映画化するという噂がひろまっております。
しかも綾瀬はるかちゃんが出演するとか。

噂の出所はmixiなんですけどね。

既にヤフーの検索ワードにも挙がっていますし、
僕のブログにも「プリンセス・トヨトミ 綾瀬はるか」で
検索してやってくる方が多数います。


真実はいまだわかりませんが。。。


もし実現したら!
そらもう関西エキストラ界はすごいことになりますよ。
特に男性は。


大阪を舞台に、大阪の魅力をたっぷり伝えるこの作品。
JRの大阪アピールにも使われた実績のあるこの作品。
しかも大勢のエキストラが必要になるこの作品。

ぜひとも映像化してほしいです!
page top
『プリンセス・トヨトミ』ロケ地紹介2 大阪城周辺編
お次は大阪城。
この作品のビジュアル上の要(かなめ)です。
番宣では、きっとこんな感じの絵が使われることでしょう。
pt-b00.jpg


アクセス方法の説明は不要ですよね。
ちょっとレアな駅を紹介しますが、
JR東西線の「大阪城北詰駅」です。
ここには、なんと普段から『ひょうたん』が!
pt-b01.jpg

さて、有事の時にはどうしましょうか?(笑)
赤く塗る?
それとも本物をぶら下げる?


大阪城は、ほんとうに美しいです。
ちょっと遠くから、いろんな角度で天守閣を眺めてみると
いろいろな表情を見せてくれます。
この角度は森之宮駅側からのものですが、
ここからでは現代の建築物が見えず、天守閣と広大な森しか見えません。
pt-b02.jpg

逆に大阪歴史博物館内から見ると、OBPの高層ビル群が城の背景にそびえたちます。
そちらの風景も見事ですよ。

前述したように現存するお堀はすべて徳川大阪城。
天守閣は平成に立て替えたもの。そのほとんどが徳川天守閣をモデルにしたもの。
立て替え計画のなかで、徳川天守閣を復刻するか、豊臣天守閣を復刻するかで
大もめしたそうですが、、、
誰が決めたんだろうね。少なくとも大坂国の人間以外の人でしょう。

蛇足でした。



松平が大阪城内最上階より眺めた西側の景色です。
pt-b03.jpg

「NHK、大阪府警と順に視線を戻すと、最後にやってくる、くすんだ灰色の大阪府庁」
あのお方がいた大阪府警と大阪府庁の距離感がわかれば、
あのラストシーンがよりいっそう楽しめると思います。

そしてここが、あの大阪府庁。ラストステージです。
pt-b04.jpg

ここに2本のマイクが立ち、この鎖を境に。。。


そして最後はレアアイテムです。
本当にあった京橋口辰野建築風の建物!!
pt-b05.jpg

地図(中央十字)

なにげなぁく散歩していたら偶然に見つけてしまいました。
大阪城には何百回と足を運んでいるのに、
今まで全然気づきませんでした。

今は廃墟となっており、まさに秘密の出口がありそうな怪しい雰囲気でした。
万城目さんの想像上の建物とばかり思っておりましたが、本当に実在するんですよね!
万城目さんが実際にロケハンして、これはぜひ使おう!と思ったんでしょうね。
プリトヨファンはぜひともこの建築物をご覧ください。
きっと感動すると思います。


page top
『プリンセス・トヨトミ』ロケ地紹介1 空堀商店街編
まずは、大輔や茶子が暮らす空堀商店街周辺

空堀商店街や、「はいからほり」のアーケードは実在するんですね~
本当に小説の世界観そのものが目の前に広がります。

第二章の扉絵を真似てみました。
pt-01.jpg

地図はこちらをクリック

地下鉄谷町線、谷町六丁目駅下車4番出口降りてちょっと南下したらすぐに
「はいからほり」のアーケードが目に入ります。
※ちなみにアーケードはGoogleのストリートビューでも見られます。



鳥居と旭がまず立ち寄ったたこ焼き屋。
二人はこの自動販売機のそばで「OJO」って何の略?あやしくない?とかんぐる。
実際に存在したので笑えました。

pt-02.jpg


ここからは商店街を西へ進みます。
まさに「坂道を抱いている商店街」でした

pt-03.jpg


その商店街に大輔の家であるお好み焼き屋のモデルになった「冨紗家」があります。
ここは『鹿男あをによし』のロケに使われた場所でもあります。
万城目さんのお気に入りの場所のようですね。

pt-04.jpg


商店街をちょいと脇にそれると、細い路地が複雑に入り組んでいます。
鉢植えが連なり、お稲荷さんも多数存在して、
なかには道幅が2mも満たない所もあって、
鳥居が迷ってしまうのもしかたないかと感じてしまいます。

pt-05.jpg
pt-06.jpg
pt-07.jpg


そして巳さん。榎木大明神です。
名前もそのままで実在しています。
こちらも第一章の扉絵を真似てみました。
pt-09.jpg

地図はこちらをクリック

地下鉄長堀鶴見緑地線、松屋町駅下車5番出口が近いです。



さて、もうちょっと散歩してみましょう。
実在する『真田の抜け穴』に行ってみます。

地下鉄長堀鶴見緑地線で松屋町から2駅、玉造で下車します
南下して10分かからないくらいの場所に三光神社があり
その境内にひっそりと『真田幸村像』と『真田の抜穴』があります。
ここは実際に大坂冬の陣で真田幸村が防御のために砦を築いた場所であります

pt-10.jpg


入り口には、ちゃんと真田家の家紋である六文銭が。

pt-11.jpg

地図はこちらをクリック



ところでみなさん、『天地人』と『サムライ・ハイスクール』は観ていますか? 
どちらも真田幸村が絡む同一クールに放送しているドラマで、
どちらにも城田優さんが出演しているのですが。。。
まー見事にキャラが違います。おもしろいですね。
ちなみに『交渉人』にも出演しているので同一クールで3番組かけもちですね。
蛇足でした。

次回は大坂城です。
 
page top
『プリンセス・トヨトミ』ロケ地紹介 その0
注意:『プリンセス・トヨトミ』をこれから読む人で、
   一切の前知識なく読みたいという方は、ネタバレを含みますので
   この日記を読まないでください。



**************************************

大坂夏の陣。


天王寺茶臼山にて、
真田幸村の軍は徳川家康に襲いかかり、その勢いは家康に切腹を覚悟させるほどの
凄まじいものであった。

しかし、徳川軍は勢いを盛り返し、形成は逆転。

数度の突撃で傷ついた幸村は、安居天神の近くで手当てをしている所を
徳川方越前軍西尾宗次に槍で刺され、ついに果てた。

すでに堀を埋められ、裸同然となっていた大坂城は、徳川方に簡単に攻め入られ
5月7日深夜に陥落した。

大坂城の燃え上がる炎は夜空を照らし、
遠く京都からも真っ赤に染まる大坂の空の様が見えたという。
豊臣秀頼は淀殿らとともに自害した。

pt-00.jpg

現在、大阪城天守閣で所蔵されている屏風絵「大坂夏の陣図屏風」には、
徳川方の兵達が大坂城下の民衆に襲い掛かる様が詳細に描かれている。

偽首(民衆の首をとり、侍と偽って自分の手柄とする)を取る様子や

民衆に略奪を働き身包みを剥がすところ、

さらには川を渡って逃げる民衆の背中に銃口を向ける光景、

そして女性を手篭めにする様子。

生き残ったものの奴隷狩りに遭った民衆の数は
大人から年端の行かぬ子供まで数千人に達したとされる。


豊臣の大坂城は、堀も埋め立てられ、天守閣も完全に焼け崩れた。
その跡地に大きく盛り土されて建築し、今も残っている大坂城は
徳川が再建した徳川大坂城であり、
豊臣大坂城は今もなお、地下に深く埋もれている。




「花のようなる秀頼様を
 鬼のようなる真田が連れて
 退きものいたり加護(鹿児)島へ」

江戸時代初期の、はやり唄である。

秀頼公も真田幸村も徳川軍によって滅ぼされたのではなく
共に燃え盛る大坂城から抜け穴にて抜け出られて
鹿児島へと落ち延びられたという唄である。

大坂の民の、心のよりどころとなる唄である。




『プリンセス・トヨトミ』を
これから読む人も、
すでに読んだ人も、
この大坂夏の陣を学べば、より深く小説の世界にはまることでしょう。

大阪城へ出向き「大坂夏の陣図屏風」の解説を聞けば
さらにGoodです。


ロケ地紹介としていますが、実際に映像制作されたわけではないのです。
小説に出てきた場所の紹介と、
これから映像制作されるであるという願望と、
ついでに制作者への参考にもなればという思いもこめて
これから数回に分けて写真とMAP付で紹介いたします。

© 唯我独尊 ~Monologue~. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。