エキストラ出演、写真関係、カメラ機材関係、などなど。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
今季ドラマ
『MR.BRAIN』と『BOSS』は
豪華俳優陣出演によるバラエティ番組みたいですね。
もろ視聴率重視の番組制作。
MR.BRAINの次回に引きずる戦法なんか興ざめしてしまいます。
けど BOSS のラスト2回はおもしろかった!
ああいうジェットコースタータイプの演出好きです。
竹野内豊&反町隆史の Beach Boysコンビ復活もうれしかった。
ストーリー的には天海さんがあの協力者を選んだ時点で
すべてが読めてしまったから、ちょい残念です。

『アイシテル』
後半に盛り上がりに欠けて、
最後は本当に綺麗に終わりましたね。
もっとどろどろとした人間の本性をぶつけてほしかったです。
とはいえ毎回号泣して見てました。
記憶に残るドラマです。
視聴率で見事、臨場を追い抜いたのは立派でございます。

『臨場』
しぶいっすよね。
これは相棒のようにシリーズ化して長年愛されるのではないでしょうか。
今期で終わりにしてしまうのはおしい。
(とはいえ、原作のほうに続きがありませんが)

『白い春』
なかなかおもしろいストーリでした。
安部ちゃんと大橋のぞみちゃんの魅力が光ってました。
けど終わり方には、かなり不満があります。
吉高ちゃん、あれは言ってはいけない。絶対に。
んでもって結末も、なんでそうしてしまうかなぁ~
踏み外した人生を強調したかったのだろうか?
そんなんいらんから、もっと違う結末にしてほしかった~

『婚カツ!』、
最初は婚カツがおもしろくて、途中で下町人情ものになってきて
けっこうおもしろいって見てましたけど
最後の方は僕の嫌いなウジウジ恋愛ものになって少々残念です。

『夜行の階段』
あれだけ女に愛されたら幸せというか
男がつくった妄想としか思えない。
一般の現実とはかけ離れた世界がおもしろかった。
最後にころっと自供してしまうところは
心の移り変わりの描写が足らなくてすごく違和感を感じました。

『魔女裁判』
ライアーゲームっぽくておもしろい!
先がまったく読めないので毎週ニヤリとさせられます。
キーマンはわかっちゃいましたけど(撮影でお会いしたことあります)
魔女はすべて知っているのか?有罪になりたいの?無罪になりたいの?
で、すべての真実を知ったうえでの裁判員の最終ジャッジは?
黒川との決着は?あの夫婦の結末は?
どういう結末になるかはまったくわかりません。
最終回が楽しみです。


今季は良いドラマがいっぱい揃っていたなぁって感じます。
自分の仕事が減って時間がとれたからでもありますが

スポンサーサイト
page top
アイシテル
ふと気付くと、HDDが残り8時間となってしまいました。
この時期はかたっぱしからすべてのドラマを録画するのでこうなっちゃいます。
はやく取捨選択せねば残り容量がやばいっす。


まだ前のクールのドラマも全部見切れてなくて、必死に見ております。
そんななか『リセット』を見たら陣内智則が出演していた。
彼は今、まさにリアルに人生をリセットしたいと思っているのでは?(爆


そして松本清張の『駅路』もやっとこさ観ました。
はっきりいってストーリーは『ゼロの焦点』とほとんどいっしょですね。
木村多江さんも出ているのでなおさらそう感じました。
松本清張独特の世界観が、まぁおもしろかったですが。。。
こうなると『ゼロの焦点』は劇場で観る必要があるのか?
となってしまいますが、
そこは犬童監督が紡ぐ映像美でカバーしてくれることでしょう。

『駅路』では、特に木村多江さんの演技が光ってましたね。
あの圧倒的な演技はすごく心に響きました。
カメラワーク、編集も最高でした。
あのシーン観ただけでもう大満足です。



さて、今クールドラマもぼちぼち観始めましたが、
ひとつだけ強烈なドラマがあります。
最初ノーマークで、
一応録画したけど最初の10分ほど観て消そうと思っていたドラマでした。
ついつい引き込まれて2話一気に観てしまいました。

『アイシテル~海容~』

テーマもすごく興味深いのですが、
セリフが全部すばらしい!
全部、ひとことひとことが重いです。考えさせられます。重いです。強烈です。
それぞれの立場で、感情をさらけ出し、ぶつけあう。
すごくいいドラマです。
ものすごーくはまってしまいました。

破水して出産直前のママがおなかをさすって
「もうすぐ会えるよ」
っていうセリフ。
なんかすごくいい。
会いたくて、会いたくて、会いたくて、
いつもいっしょなのに、そのかわいい顔を見ることはできない。
とつきとうかの長い日々を経てようやくめぐりあえる。
ようやく抱きしめることができる。
そんな、すごくあたたかい、やさしい、
すごく素敵なセリフでした。

すごく短い時間の回想シーンなのですが
たったひとつのセリフだけでこんなに感情を表現する、素敵なドラマです。


稲森さんがあやまりにいったとき、マジで
「やめろっ!!!!!」
「そうだ、美佐子さんがいる!美佐子さん、とめてくれ!!」
って思いました。
感情をストレートに表現しているだけに、
観ているこちらもストレートに感情移入してしまいます。


重いテーマを掲げて描く
母と子。そして父。
そして家族。

今クールいちおしです。歴史に残るドラマになりそうな予感です。



page top
大坂城と豊臣家の悲しい歴史
大阪城は
通称「太閤さんのお城」とも呼ばれ、豊臣秀吉が築城したものだと思われている。
いや、最初に建てたのは間違いなく秀吉であるが、、、



●豊臣大坂城

城の北、東、西には川が天然の堀となり、鉄壁の守り、難攻不落の巨城といわれた。
唯一陸続きとなる南側には二の丸の堀、三の丸の堀をつくり
三の丸の外堀はいわゆる水のない空堀とし、そこに惣構(そうがまえ)を建設した。


【大坂冬の陣】
秀吉の死からわずか2年後、
きっかけを虎視眈々と狙っていた徳川家康が
豊臣秀頼のささいな行動にいいがかりをつけ開戦。
豊臣方は篭城戦をいどみ、その激戦の音は京の街まで響いたといわれる。
徳川方は川をせきとめようとしたが、うまくいかず
三の丸の空堀を攻める戦法に出たが、攻めきれず撤退。
その後の講和による終戦の結果、大坂城は講和条件として惣構(そうがまえ)の撤去と
三の丸、二の丸の堀を埋め立てを要求され、裸城にされてしまった。

【大坂夏の陣】
徳川家康は再戦の準備を着々と進めていた。
わずか4ヶ月後のこと、
豊臣秀頼が家康の動きに危機感を抱き、堀の再建を試みたために
家康に講和条件破棄とみなされ、再び開戦。
裸城であった大坂城はいとも簡単に落城。
漆黒の豊臣大坂城天守閣は大火の元に崩れ去った。
その真っ赤に燃え上がる炎は大坂の夜空を照らし、
その様は京の街からも見えたと伝えられている。
そして逃げていた豊臣秀頼、淀殿(茶々)らも翌日発見されて自殺に追い込まれた。


現在、大阪城天守閣で所蔵されている、自らも大坂夏の陣に参戦した黒田長政が
絵師を集めて描かせたとされる屏風絵「大坂夏の陣図屏風」の左半分には、
徳川方の雑兵達が大坂城下の民衆に襲い掛かり、偽首を取る様子や略奪を働き
身包みを剥がすところ、さらには川を渡って逃げる民衆に銃口を向ける光景、
そして女性を手篭めにする様子などが詳細に描かれている。
また、記録によれば、一万数千の首の内、偽首を取られるなど殺害された民衆が
数多くおり、生き残ったものの奴隷狩りに遭った者の数は
大人から年端の行かぬ子供まで数千人に達したとされる。

ある町人が残した記録「見しかよの物かたり」には

  男、女のへだてなく
  老ひたるも、みどりごも
  目の当たりにて刺し殺し
  あるいは親を失ひ子を捕られ
  夫婦の中も離ればなれに
  なりゆくことの哀れさ
  その数を知らず

と、その悲惨さが語られている。


そして徳川家は、市井に逃れた豊臣家の嫡子までも探し出して殺した上に
秀吉の墓までも暴いて破壊した。。。


ここで豊臣家が滅亡するに至った。




●徳川大坂城

2代将軍徳川秀忠によって大坂城の再建が行われた。

徳川氏の大坂城は豊臣氏の大坂城の石垣と堀を破却して、
全体に高さ約1メートルから10メートルのの盛り土をした上に
より高く石垣を積んだので、豊臣大坂城の遺構は地中に埋もれた。
また、天守など建物も構造を踏襲せずに造り変えられた。

天守は豊臣氏のものとは位置も変え、総床面積から高さまで
豊臣氏の天守を越えるものが上げられた。
大坂城をより豪壮な城郭として全く新しく築くことで、豊臣氏の記憶を封じ込め、
かつての豊臣氏の勢威を凌駕する徳川氏の威信を日本全国に示そうとしたものと
いわれている。

つまり、現存する櫓や石垣などはすべて徳川幕府により建設されたものである。

徳川天守閣は江戸時代末期に落雷により焼失した。




●復興天守閣

昭和3年に大阪市により鉄筋コンクリート造りで再建し、
平成の大改修を経て現在に至る。
復興天守閣では初層から4層までは徳川時代風の白漆喰壁とした一方、
5層目は豊臣時代風に黒漆に金箔で虎や鶴の絵を描いている。




つまり、豊臣秀吉の面影は天守閣の5層目にしか残っていないのである。

page top
『ありふれた奇跡』
画面を見ずに、セリフだけ聞いていても十分楽しめる不思議なドラマ。
それだけに、仲間由紀恵さんの棒読みっぽさが多少気になりましたが(^^;

そのゆるやかな流れで、好き嫌いがはっきりと分かれるドラマでしたね。

僕は好きでした。

『命』に対するいろんなアプローチがしかけられていて
人それぞれ、心に響くシーンも異なることでしょう。

僕は、なぜか?おじいちゃんに一番共感してしまいました




第8話の八千草薫さんと井川比佐志さんのシーン。
ずどーーーーーんと来ました。

自分の人生で『血のつながり』を意識したことのある方には
ものすごく心に響くシーンだったことでしょう。
僕は『銭ゲバ』よりも、さらにさらに深く心をえぐられました。
涙があふれ出ました。

おじいちゃんにすごく共感できるし、
そもそも、それを特に大事に思っていたおばあちゃんが
逆におじいちゃんにそれをいわれて。。。
このシーンは一生忘れないような気がします。
ものすごく衝撃的なシーンでした。


終わりましたね。
あのふたり、これからもふたりで悩んでいくんでしょうね。

お幸せに。

page top
『トライアングル』
「身代わりの人生」それはサチだけでなく郷田亮二もそうだった。
いや正確には、亮二ではなくその兄。
事故で死んだのが亮二で、今いる亮二は実は兄貴。

犯人は丸すけ。
亮二が残した、あの缶ケースに問題の○○○がなかった。

丸すけは警察の不祥事の「身代わり」を25年間背負わされていた。


25年前の事件を背負って「身代わり」を続けてきた3人の物語。
サチ、亮二の兄、丸すけでトライアングル。

これが僕の推理。


さ、結末は楽しませてもらえるのでしょうか?

page top
『銭ゲバ』
急にやさしくなったり改心したりせず
それぞれの登場人物のキャラが
最後までぶれずにつらぬかれたのはすばらしいと思います



けっきょく、みんな銭にひれふします。
風太郎はむなしかったでしょう。
自分の考えが正しい事が証明されたとき、
それと同時に、
最後は自分も銭で身を滅ぼすと悟ったのでしょう。

風太郎の最後はあっけなく、簡単に終わってしまいました。
あんな終わり方を許していいのか緑さん!
あんなに簡単に風太郎を終わらせるなんて…


かけ違えたボタン。
風太郎が思い描いた幸せ。


僕が、こうなってほしいと思った最後とは別のベクトルで
意外な最終回でした。
空しさが残る、静かな終わりでした。


とはいえ、
明るい木南晴夏ちゃんの演技を見れたのは
ファンとしてすごく楽しめました(笑

page top
冬クールドラマ3発目。
『キイナ』
怪奇現象を科学的に解明する特命リサーチ200Xのドラマ版。
特命リサーチは大好きだったからこのドラマもきっと好きになることでしょう。
特命リサーチが報道した、心霊現象を科学的に解明する回は
今も強く印象に残っています。
霊なんか信じない僕は、この説がすごく納得性があって好きでした。

閑話休題。
キイナの決めポーズ、
書籍を見て情報収集する時に流れるイメージ映像、
どちらもどっかで似たようなものがあるし、
沢村一樹の役どころが、いまいち理解に苦しむし
(印象的な伏線をはるばかりで、それらはまだ全然回収されず)
恋人役には笑えましたけど、
やっぱり全体的に演出は好きではないです。
ストーリーがいいだけに、もっと演出面でがんばってほしいなぁって思います。
ま、とりあえずおもしろいから続けて観ますけど。



『銭ゲバ』 
雨の使い方がうまいなーって
最初は余裕かまして観ていましたが、
途中からはもう、強烈でした。
どっぷりストーリーにはまっていきました。
こういう感情むき出しの、悲壮感や憎しみに満ちた作品大好きです。
三國家の人々がどう変わっていくか?
風太郎がどうかわっていくか?
楽しみです。

椎名結平の父さん。どれだけえげつないいやがらせをしてくるか楽しみです。
大好きな木南晴夏ちゃんも出演で、この作品でステップアップしてほしいなと思います。
奥貫薫さん、幸薄い演技させたらもう右にでる人はいません(笑)
もー大好き!
彼女、意外にも、まだ38歳だんですね。もっといっていると思っていました(^^;
松山ケンイチさんは、もう、あいかわらずで、すばらしいの一言です。
安心して観られます。
この人の仕事ぶり、ぜひ現場で見てみたいなぁって思います。




というわけで、今クールにて今現在観ているドラマは以下のとおり
 キイナ
 ヴォイス
 トライアングル
 ありふれた奇跡
 銭ゲバ
 ラブシャッフル
 本日も晴れ。異状なし
 RESET
page top
冬クールドラマ2発目。
いまさらですが(^^;
第2弾



『メイちゃんの執事』
イケパラメンバー大集合ですね(笑)
このサブキャストさんの中から、また名をあげる方が出てくるんでしょうね。
水嶋ヒロくんも榮倉奈々さんも最近『格』をあげてきてるなーって感じます。
ふたりとも好きなんだけど、
女子いじめ系は個人的に嫌いなので、このドラマ、パスです。


『神の雫』
こういうウンチク系は好きなんだけどなぁ。。。
なんかピンとこなかった。
亀梨和也くんは好きなんだけど、やっぱ山ピーに差を付けられたかなぁ。
もうちょっと感情表現に幅がほしいですね。
たぶん、フェードアウトすると思います。


『特命係長 只野仁』
あいかわらず人情ただよう良い演出だなと感じますが、、、そろそろ飽きてきた。
一応録画するが、観るかどうかは微妙。。。


『RESET』
話の設定はいいですよね。『世にも奇妙な物語』っぽくて。
1話完結なので、おもしろさにもむらが生じます。
木南晴夏ちゃん、いいですね!かなり期待大!
大ファンになりそうです。
そして、続けて平愛梨ちゃん。なんかこれってわざとですか?(笑)
平愛梨ちゃんのほうは。。。
もうちょうがんばって!って感じでした。



『ラブシャッフル』
なかなかいいですね。
現実にはありえないからこそおもしろいです。
ドラマなんだから、これくらいぶっとんだほうが良いです。
それぞれのキャラもたっているし。
おちゃらけムードの中に一組だけ重いものを持ってきたのも興味深いです。
このゲームは谷原章介さんが彼女を助けるために始めたものなのかな?
これからどう話が展開していくか楽しみです。
しかし。玉木宏くんと貫地谷しほりさんのペアって、、、なんかしっくりこない(笑)
玉木宏くん、小川先生とキャラかぶってるし。
あ、そうそう。
ドラマが進行中なのに、毎週NGシーンを見せられるのは
なんか嫌だなぁ。
こういうのはドラマ終了後にやってほしいです。



『レスキュー』
最初、主役陣の演技見たときあまりのへたさに即効で削除しようとしましたが
脇役人がうまくフォローしているので最後まで観れました。
カメラはフィルムを使用。
かなり金と手間をかけて、まるで映画並みです。
教官役や、未亡人役がもうこてこてで面白かったですが。。。
たぶん、もう観ないでしょう。


page top
冬クールドラマ1発目。
『トライアングル』
サスペンス系
すごいキャストさんを大勢集めて、まるで20世紀少年みたいです。
江口洋介さんは犯人ではないでしょうから、さてこのサスペンスは楽しませてくれるか?

無駄がないというか、すごくテンポが良い展開で
2話連続さらっと見てしまいましたが、続きがごっつ気になる。。。
すでにどっぷりまはってしまいました。
超!お勧めです

そして別件、このドラマは大阪ロケがあるそうです!
みなさん心の準備をしておきましょう!!
クラブ・カンテーレに入会してない方は今のうちに是非!




『ありふれた奇跡』
何系だろう?ヒューマン系?ま、山田太一系ということで。
いやぁ。まいりました。
セリフがおしゃれ!
会話がおしゃれ!
まるで小説を朗読してもらっているかのようです。
ひとつひとつの場面にすごく時間をかけて
すごくスローテンポなのですが
気が付いたら放送時間が終わってしまいます。
第1話の終わりに、すごく衝撃的なセリフがあり、そこで終了。
このシーンは僕が無防備だっただけにガツーン!!ときました。
あ、これがこのドラマのテーマか。
既に深夜でしたが問答無用で第2話も見てしまいました。
すごく素敵なドラマです。
超!お勧めです

しかし、、、いまだに加藤亮さんとオダギリジョーさんとの区別がつかない(爆)



『ヴォイス』
医療系(法医学)&サスペンス系 
なんか土曜ワイド劇場っぽい(笑)名取裕子さんが出てきそう。
なんかキャストさん全員すごくリラックスして演技してるって感じます。
なんか良い感じ。

人間同士直接ぶつかって片方は死んでいるんだぞ。
もう片方も死ぬか重体のはずだろ。とか、
飛び降りなのに、あの距離の地点に落ちるか?
助走しておもいっきりジャンプしないとムリだろう!とか
サスペンス的には、つっこみどころ満載ではありますが、
まぁ、継続して見ます。



page top
『流星の絆』
僕の大好きな二宮くん、錦戸くん、戸田恵梨香さんが出演とあって
その時点でかなり期待した作品でした。
原作は『手紙』や『容疑者Xの献身』の東野圭吾さんで完璧なのですが、
脚本が、あの宮藤官九郎さんで。。。
案の定、ひっかきまわしてくれました(笑)
僕はあのひと嫌いです。

主題歌も嵐ということで、かなり事務所的圧力がかかった作品だなと(^^;
ま、『 Beautiful days 』大好きです。
カラオケで流行りそう。
中島美嘉 『 ORION 』もかなり良い曲でしたよね~
ぐっときたぜよ。

はじめのほうは大好きな3人が出演ということで見始めて、
途中はクドカンの演出にいやになり、
そろそろフェードアウトしようかと思った頃に
親の事件との接点があって、
そこからおもしろくって、ぐいぐい引き込まれていきました。

しかし。

あの結末は、かなり納得がいかない!
あの動機で事件を起こすような人間が、なぜ今になってあの行動を??
かなり無理矢理な設定で、それを納得させるようなシーンがなかった。
あの結末にするなら、もうちょっと伏線はるとか、
事実が分かってからの時間をもうちょいとるとか、
もう一工夫ほしかったです。

結局、このドラマでキラリと光ったのは実は要潤さんかなと思います。
アホだけど熱くて、そして誠実で、終盤はこの作品のまさに要となっていました。
その人物を見事に演じていたなーって思います。
 
© 唯我独尊 ~Monologue~. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。