エキストラ出演、写真関係、カメラ機材関係、などなど。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
α700ファーストインプレ ~Dレンジ~
わざと飛ばして撮影した画像をRAW現像であれこれいじくってみて超びっくり!
キヤノンでは飛んでも、現像でマイナス補正すればある程度階調がもどってきます。
1段以上は余裕があったと思います。
しかしα700は、マイナス補正しても階調は再生されません!
飛んでベタになったままレベルが落ちていきます。
ヒストグラムを見ても、見事階調が欠落している。。。
こんな現象は初めて見ました。

他社製カメラではRAWで撮影していれば、現像にてある程度の露出ミスは救えますが
α700はそれが出来ません。きっちりと露出管理する必要があります。
これは、、、かなりなマイナスポイントです。

ですが、フォトショCameraRawにて現像すればきっちり階調が再生されます。
こりゃカメラの付録ソフトは使わない方がいいですね。

こちらが元画像。ISO100です。
poo-100.jpg


カメラの付録ソフトにて-2補正
poo-100_idc.jpg


フォトショCameraRawにて-2同等に出力(実際は-3補正)
poo-100_ps.jpg


マイナス補正画像をダウンロードしてヒストグラムを確認したら
カメラの付録ソフトでの現像では高輝度部の階調が失われていることがわかります。

さて、このカメラ。
常用感度はISO200が推奨となっています。
ISO100はノイズの面で有利だが、Dレンジが2/3ほど狭くなるそうです。

こちらがISO200での撮影です。
poo-200.jpg


写真をクリックすれば別窓が開きますので
元画像ISO100とISO200を比較してみてください。
露出値は同じなのですが、ずいぶん印象が違います。
露出値が変わった?と何度も撮り直しました。
マニュアル撮影ですが、メーターの測定値にも注意を払い
同条件の光量で撮影できていることを確認しました。

白飛び耐性ですが、やはりISO200の方が優れています。
ぷーさんのお鼻、おでこ、そして顔の輪郭などを見たら描写の違いがわかると思います。
しかし暗部のレベルも変化していますね。
双方のトーンカーブが異なっているのでは?と推測します。

というわけで次回はトーンカーブデータを取得したいと思います。

ノイズの方は、双方の違いがわかりませんでした。
ISO200でもかなり優秀です。
安心してISO200を常用してよろしいのではないでしょうか。

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


© 唯我独尊 ~Monologue~. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。